report

【北区A様邸】気密測定やりました

2019年04月11日

今日はA様邸の気密測定でした。

 

こんな機材で家の空気を強制排気して、

外部から侵入してくる空気の量を計測します。

それを床面積で除したものが建物の隙間の数値C値となります。

本気の気密住宅にするには、

それなりのコストが掛かってしまうのですが

近畿やそれ以西ではどこまで求められるかという事でしょうね。

 

僕的には数値にこだわる人はとことんやれば良いし、

床下の換気は普通に取りつつ、部屋の隙間をきちんと

処理していれば良い人はそれで良いのではないでしょうか?

 

色々調べてはいますが、

UA値やC値の数値から光熱費の金額がどれほど下がるのかは

明確なデータにたどり着きません・・・

 

判れば報告しまーす(^∇^)

 

ではでは。