colum

注文住宅に向いている人とは

2018年12月06日

家づくりを考えると、生活や住まいへのこだわりが大きければ大きいほど、

こだわりを妥協しなければならない建売住宅・マンションより

注文住宅を選んだほうが、後々後悔することが少なくなるでしょう。

 

ただし、注文住宅を建てるには、土地の確保から始まって各種の煩雑な手続きや調査、

無理のない資金計画の見定めなど、いろいろな準備と対応が必要となってきます。

 

そのような前提条件のなか、着実に注文住宅を建てるにあたり、

以下の条件がクリアされると、

各種の手続きなどにかかる手間を乗り越え

理想の家づくりをスタートを切る条件が揃います。

 

注文住宅を建てたほうが満足できる可能性が高い方は、

ご自身の考え方について以下の項目を1つでも多く含む方です。

 

 

 □ 現在のお住まい(戸建)の【建替え】など、すでに土地がある

 

 □ 【住み替え】については、あまり考えたことがない

 

 □ 自分が好むデザイン・間取りなど優先させたい

 

 □ 結果として時間がかかっても、しっかりした満足できる家を建てたい

 

 □ 二世帯住宅・店舗つき住宅など、一般的な住宅とは異なる家づくりを

   考えている

 

 

みなさんが家づくりで難しいとお考えになる点、

【スケジュール(工程)

【予算管理】だと思います。

 

【スケジュール(工程)】について説明しますね。

注文住宅を検討する場合ですが、

できあがった家を購入する建売住宅やマンションと違い、

スケジュール(工程)を綿密に立てる必要があります。

 

注文住宅を建てて入居できるまでのスケジュールは、

最短で6ヶ月程度、2年以上かかる場合も優にあります。

 

  □ 情報収集・資金計画 :1ヶ月~3ヶ月

 

 □ 敷地調査・見積・設計:1ヶ月~6ヶ月

 

 ◽︎ 建築確認申請:1ヶ月〜2ヶ月

 

 □ 着工~引き渡し:4ヶ月~6ヶ月以上(30坪位の規模の木造住宅のケース)

 

スムーズに計画が進んで半年、設計や事前行事が多ければ1年位は必要ですね。 

(土地探しが入ってくるとこれにプラスされますので、

もっと長期計画となります。 )

 

 

 

 

続いて【予算調整】について説明します。

 

注文住宅の最大の魅力は、自分好みの住宅を建てられること、

自分のこだわりを生かせるところですよね。

 

ところが、すべてにおいて自分のこだわりを追求すると、

家づくりにおける想定予算を大幅にオーバーしてしまいます。

 

ここが、できあがった家を購入する建売住宅や

マンションの購入とは最も異なるところなのです。

 

それでも、注文住宅で予算を調整できる余地は数多くあります。

それは、住宅設備やインテリアなど、

建物の構造や性能に影響を与えない項目については、

それぞれにおいての優先順位をしっかり定めることなのです。

 

建物の構造や性能に影響を与えない項目については、

できる限り多くの項目にて家族で優先順位を決めることが大切になってきます。

 

それほどこだわらない項目については

一般的(安価)な設備仕様にすることです。

更に『ここだけは譲れない』という項目については、

さらに家族で優先順位を検討し

【『ここだけは譲れない』項目の優先順位】

をさらに細かく検討します。

 

このような検討を重ねることで、家全体の予算バランスを整え、

家族全員が納得できるコストダウンができるようになります。

 

家族間で最も調整に難儀するのは、

【『ここだけは譲れない』項目の優先順位】づけ。

 

何らかのかたちで家族間で妥協しなければならない要素もありますが、

注文住宅を建てるパートナー次第で、

さらにきめ細かな調整ができる場合もあります。

 

万が一【『ここだけは譲れない』項目の優先順位】

で妥協することになっても、

やり方次第では対応できることも多いので、

妥協しても諦めないで打開策を考える事が重要です。

 

夢は大切にとっておきましょう!!

 

 

 【『ここだけは譲れない』項目の優先順位】の解決方法について、

個別でもご相談を承ります。

 

お電話・メールでのご相談であれば、何度でも無料でご相談いただけます。

 

ではでは。。。