blog

家の隙間測定(気密測定)C値はランニングコストに直結しますよ

2019年04月11日

みなさん、こんにちは。(^。^)

大阪と神戸でナチュラルモダンな住宅を手がけている、

cocochi ieの松井隆幸です。

 

 

気密測定やってます~

 みんな気密測定って興味ありますか?

そもそも、それナニって感じです?

 

こんな様子です(^∇^)

 

 

気密測定を簡単に言えば、家の隙間を測定して、

数値によって成績を付ける事です!

 

イメージとしては布団を圧縮する袋ありますよね、

あれが家で、掃除機が測定器です。

 

袋に穴があいていたら、いくら空気を吸い出してもペタンコにならないですよね?

家で考えると、暖房や冷房をかけても、

どんどん逃げてしまって、冷暖房が効かないって事になるんですよねー

 

 

1平方メートルの中に1センチ角位の隙間以下が目標値ですかね。

 

あまり数値を求めると、床下換気や全熱交換器が必要となって、

めちゃくちゃコストアップしてしまうので、

ほどほどがベストでしょうね。

 

 

ただし、間違いなく言えるのは、

机上の計算値は現場での施工次第で

良くも悪くもなってしまうという事です。

 

それでは~

 

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒cocochi ieインスタグラム はコチラから(#^.^#)

⇒cocochi ieピンタレストはこちらから(*^_^*)

⇒cocochi ieフェイスブックはこちらから(●^o^●)

 

cocochi ie のライン@です。

お気軽に友達登録して下さいね