一棟一棟、構造計算

柱や梁そのものをお互いに剛接合し、強固な構造躯体を作り上げる。従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン工法を、日本の木造住宅に取り入れたのがSE工法です。

 

ラーメン工法は極めて信頼性が高く、歴史的な蓄積も多い事から、20世紀以降の近代工法の主役ともいうべき役割を果たしています。
しかし、鉄やコンクリートといった強度計算のできる均質な部材を前提としているため、日本の木造住宅にラーメン工法と取り入れようという発想は、存在しませんでした。

 

それは、地震大国日本において、日本人が最も住みたいと願う「木の家」に、必要な耐震性を確保する工法が存在しないことを意味していました。SE工法が実現したのは、住む人の安心と安全。地震に負けない強さと、木造の美しさの両立だったのです。

(NCN文章参照)

地震による倒壊0の実績。
日本で最も構造計算されている木造ラーメン工法

地震を想定して備える。それが「構造計算」。日本のほとんどの木造住宅は、国の定める「壁量規定」によって耐震性をクリアしています。

 

これは、壁や筋交いを簡易的に数値化(壁倍率)して、必要な壁の数を算出する方法。しかしこの「壁量規定」は、一棟一棟に対し、現実に起こる地震を考慮して計算しているわけではありません。

 

事実、日本で大震災が発生する度にこの「壁量規定基準」は変間更が行われ、現在の基準は、1950年と比較すると2倍もの基準値となっています。壁を増やして耐震性を確保することは、家の空間や間口、を狭くしているという事実もあります。

 

何より留意すべき点は、国への確認申請では「2階建て以下の木造住宅は、壁量計算した図面は添付しなくても良い」(建築基準法6条第4号)とされていること。あなたの家の耐震性は、明確に数値化されていないのです。

 

現在木造住宅においてSE工法だけが、鉄骨造やRC造と同様の方法による立体解析によって、構造計算を全棟で実施しています。
さらに、通常の木造住宅では難しいとされる「建物と一体の基礎計算」も全棟で実施し、データを保管しています。

 

地震時には想像を絶する力が建物を襲います。地盤と基礎、基礎と建物を繋ぐ土台、柱と梁を繋ぐ接合部。これらが一体となり、剛性を発揮しつつも、しっかりと揺れに対応できなければなりません。

 

全ての家は、立地条件が異なり、プランが違う。この事実のもと、SE工法は常に「あなたの家だけのための構造計算」を行っています。

(NCN文章参照)