全てを叶えるパッシブデザイン

 

パッシブデザインとは

建物の構造や工夫により太陽の光や熱、そして風といった「自然の恵み」のエネルギーを取り入れることで、なるべくエアコンなどの機器を使わず快適な住まいを作り出す設計思想、設計手法のあり方です。

 

先人たちの知恵と先端技術が派生して生まれる価値観現代の住宅設計に大きな改革を起こす可能性をもっているのが、このパッシブデザインなのです。

私たちの生活環境において、最も消費しているエネルギーは実は暖房なのです。
関東より南の地域でもかなり南まで行かなければ冷房が暖房を上回る事はありません。

 

暖房の必要な時期の対策を考えれば、省エネルギーで暮らす事を実現できると考えます。

 

省エネを実践するには、何が一番エネルギーを消費するのか把握して、そこを重点的に減らしていくべきだと思います。

冬暖かい住まいを考える

建物の中にある熱をしっかり保温すること、つまり建物全体の「保温性能」を上げることが何よりも重要です。ここで我々の考える保温性能はQ値を小さくする事を考えています。

壁・天井・床・窓の断熱仕様に加え、窓からできるだけ多くの太陽光(日射)を取り込み、蓄熱性を上げる工夫を施すことで「断熱」「集熱」「蓄熱」という3つの要素をうまく機能させれば、室温変動が少なくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーr削減につながります。
一定以上の気密性能を確保します。

高断熱・高気密住宅のみの住宅とパッシブデザインの住宅の違いは、建物の性能にだけ頼るのでなく太陽光(日射)や蓄熱性のことも加味しながら考える事です。

 

夏涼しい住まいを考える

暑い夏にエアコンに頼ることなく「涼しく」過ごすために、やるべき事は徹底的な「廃熱」が必要だと考えます。
ただしこれには開放性の高い間取りが必要となってくる為限り出てきます。

根本的に夏の対策は日射を遮蔽する工夫が大切です。
先ずは夏の強い日差しを建物内に入れない事で、これには日除け効果の高い工夫を南面の窓廻りに施す事がポイントです。
μ値を小さくするということです。

今日の日本の住宅にはこの日射の遮蔽が出来ていない為夏の暑さに弱い要因になっているのではないでしょうか?

窓から入るこの日射を最大限に減少させる事で、
室内の上昇を抑える事ができ、極力エアコンを使用しなくても良い環境を創るのです。

方法は
●南面の庇や軒を大きく出す。
●外付けルーバーを設置する。
●すだれ
●可動式のオーニングは夏は日差しをカットし、冬場は収納して日差しを取り込め、有効に活用できます。)
●落葉樹を植える

次に風通しです。

PMVでもありましたが、風が体に感じると夏場は心地良く感じる効果を取り入れるのです。
それと建物内の熱を「廃熱」させる効果も期待できます

●自然風利用の方法

・卓越風を直接取り込める開口部を設置。
・風を呼び込める袖壁や縦滑り出し窓等(ウィンドキャッチャー)を設置。
・風圧係数が負になる部分に窓を設けて通風を確保。
・引戸や欄間等を採用することにより、住宅内の通風経路を計画する。

など。

自然の風は夏だけではなく春や秋を通して心地いい空間を感じさせてくれます。

 

省エネの家はこれからの家に求められる
「スタイル」なのです。

冷暖房機器、給湯機器など暮らしを支える機器は、近年、技術の進歩で格段と省エネ性能が向上しています。太陽光発電やコージェネレーションシステムなど、エネルギーをつくる「創エネ」も普及してきています。

 

また、「太陽の光」や、「風通し」のよさ、「暖かさ」や「涼しさ」を家の快適に取り入れるパッシブデザイン設計など、今までの機器だけに頼り切ってエネルギーを浪費していた暮らしから地球に優しく、そして人も快適に暮らせる家を目指すなど、家のあり方も大きく変わってきています。

 

こうした動向の背景には、エネルギーの枯渇問題や、地球温暖化が背景にはあるのですが私たちにエコ意識が芽生えているからなのでしょう。