外皮の熱性能に関する
基準の見直し

「改正前の基準ではすべての地域で、断熱性能、日射遮蔽性能の基準を設けていますが、改正後の基準では、寒冷地においては冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)の基準が、蒸暑地においては外皮平均熱貫流率(UA値)の基準が設けられていません。

 

 

UA外皮平均熱貫流率(UA値)

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/㎡K]

建物内外の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮等の面積の合計で除した値をいいます。UA値が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高くなります。

  部位 損失する熱量
屋根(天井)の熱損失量 屋根(天井)のU値×屋根(天井)の面積×温度差係数
外壁の熱損失量 外壁のU値×外壁の面積×温度差係数
床の熱損失量 床のU値×床の面積×温度差係数
開口の熱損失量 開口のU値×開口の面積×温度差係数
基礎立ち上りの熱損失量 基礎立ち上りのU値×基礎の外周長の面積×温度差係数

外皮等面積 [m2]

= 屋根(天井) 面積 + 外壁面積 + 床面積 + 開口面積 + 土間床面積

 

外皮等面積は、熱的境界となる屋根又は天井・外壁・床・開口などの外皮、及び土に接する土間床の水平部を対象としています。

※基礎の立上り(GLから400㎜以上)は面積として加算します

ηA平均日射熱取得率(ηA値)

冷房期に、部位ごとの日射熱取得率に面積、方位係数を乗じた値を住宅全体で合計し、外皮等面積の合計で除した値をいいます。ηA値が小さいほど日射が入りづらく、冷房効率が高くなります。

建物が取得する日射量の合計 [W/(W/m2)]  = A + B + C
中でも最も大きな特長が、「3)一次エネルギー消費量による省エネ性能評価の導入」です。