性能表示制度と
長期優良住宅認定制度

 

性能表示制度とは

住宅性能表示制度とは、平成12年4月1日に施工された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品格法)」に基ずく制度です。

欠陥住宅が社会問題となった時期に良質な住宅を安心して習得できる市場を形成する為につくられた制度で、新築住宅の基本構造部分の瑕疵担保責任期間の10年間義務化、住宅の性能を表示する「住宅性能表示制度」の制定、トラブルを迅速に解決する指定住宅紛争処理機関の整備が実施されました。

 

「住宅性能表示制度」は

①耐火性能
②火災時の安全性
③劣化対策
④維持管理・更新の容易性
⑤省エネルギー
⑥空気環境
⑦光・視環境
⑧音環境
⑨バリアフリー
⑩防犯

 

という10分野(既存住宅の場合は7分野)の住宅の性能を表示しています。
住宅性能表示制度が、平成27年4月1日に改定され、評価対象であった必須項目9分野が、4分野に大幅に緩和されました。

 

 

必須項目は

①構造の安定
②劣化の軽減
③維持管理・更新への配慮
④温熱環境
の4項目です。

 

この「温熱環境」が等級分けされました。「温熱環境の等級」は、冷暖房に使用されるエネルギーを削減するための対策を評価しています。温熱環境等級は2種類に分かれており、

 

「断熱等性能等級」
「一次エネルギー消費量等級」です。

 


 

「平成25年省エネ基準」に該当する場合は等級4、ある一定の削減対策が講じられている場合は等級3になります。
等級4と等級3と比較して削減対策が小さい場合、等級2になります。
また、「一次エネルギー消費量等級」は、「低炭素住宅基準」相当であれば等級5、2013年の基準相当の場合、等級4になります。

長期優良住宅認定制度とは

長期優良住宅認定制度とは平成21年6月4日に施工された「長期優良住宅の普及に促進に関する法律」に基ずく制度です。住宅の量の確保から質の向上へと転換している住宅政策の中で、長期にわたって使用可能な質の高い住宅ストックを形成する為につくられた制度で、一定の基準を満たした長期優良住宅は、所管行政庁(都道府県知事又は市町村長)が認定し、税制面での優遇などを受けられるようになっています。

長期優良住宅認定制度では、上記の(住宅性能表示制度)から劣化対策、耐震性能、維持管理の容易性、省エネルギー、バリアフリー、の5つの評価項目が採用されさらに可変性、居住性、住戸面積、維持保全計画を加えた9つの評価項目があります。

 

 

我々が提案する温熱性能は次のとおりです。

UA値 目標値0.5以下

「UA値」とは・・・
外皮平均熱貫流率は、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標です。
住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。
各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。
建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値。
外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指す。

Q値 目標値1.5~1.9(関西の基準は2.7)

「Q値」とは・・・
熱損失係数といわれているもので、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。
値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。
(熱損失係数は、外壁や天井・床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って計算します。)

μA値 目標値1.5以下(関西の基準は2.8)

「μA」値とは・・・
冷房期の平均日射取得率のこと。
冷房期(夏)に住宅内に入る日射の割合を表し、数値が少ない程、住宅に入る日射が少ないことを表します。
各部位から入る日射を合計し、外皮面積で割って求めます。

C値 目標値1以下(高気密住宅基準2以下)

「C値」とは・・・
隙間相当面積(すきまそうとうめんせき)とは、C値とも言い、家の気密性(隙間の量)を示す指標。 家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもので、単位はcm2/m2。 この数字が小さいほど気密性が高い事を表します。

 

 

※Q・UA値が低くても隙間が多すぎると意味がありませんので、どちらの値にも注目する必要があります。