blog

EXPOモデル外部ホウ酸

2020年03月10日

こんにちは松井です。

今日はモデルハウスに外部のホウ酸を処理しました。
これでホウ酸の処理は完了となります。

外部は狭いことが多くなかなか処理しにくいのですが、
どのお家も自分の家のように丁寧に2回散布しています。

 

外部のホウ酸は透湿防水シートの施工直前に処理しななければ
ならないのです。

それはホウ酸は水に流れてしまうので、
水で流れてしまうところには使用できませんし、
土壌にも撒いても意味はありません。

 

だからホウ酸処理をした後すぐに透湿防水シートを巻いてもらうのがベストです。
今回は日曜日にホウ酸を処理しようと予定していたのですが、
あいにく雨で処理できず、透湿防水シートをめくりあげて
施工してもらいホウ酸処理後にシートを直してもらうようにしました。

これで後は東京の温熱環境研究所に規定の写真を送ってチェックしてもらえれば
20年間で3千万円の防蟻に関する対する保証がつきます。

ホウ酸のコストは殺虫系の謀議処理に対してコストは上がってしまいますが
長い目で見るときっとお得な工事となります。

 

一般的な謀議処理では保証期間は5年
更新の都度に7万円から8万円くらいの検査処理費用が発生します。

 

20年間後4回更新しなければいけません
ということわ28万円から32万円のコストがかかることになります。

 

ホウ酸で処理していれば確実にその半分でできます。
そういうことを含めて僕はホウ酸処理をお勧めしているのです。

皆さん最初の建築費用の総額を抑えたがりますが
ランニングコストという電気ガス水道であったり、
こういったメンテナンス部分でも先を見据えた
費用のかけ方と言うものを考えるべきだと思います。

 

ではでは〜

 

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒cocochi ieインスタグラム はコチラから(#^.^#)

⇒cocochi ieピンタレストはこちらから(*^_^*)

⇒cocochi ieフェイスブックはこちらから(●^o^●)

 

#吹田市#高槻市#茨木市#伊丹市#宝塚市#大阪市#北摂地域で#新築住宅を建てる#注文住宅専門会社です。#スイス漆喰カルクウオール#無垢材を標準仕様とした、#パッシブデザインの#設計が得意で、価格が分かり易い#ココチイエという#定額制の#注文住宅を展開しています。

 

匿名で質問があればお答えできるようにしておきます。

↓↓↓

匿名で質問できる質問箱

 

 

また、SNSでも発信していきますので、

そちらからもご覧頂けるようにしています。

 

facebook

⇒cocochi ie facebookはコチラから(●^o^●)

twitter

⇒cocochi ie twitterはコチラから(^。^)y-.。o○

note

⇒cocochi ie noteはコチラから(*^_^*)